20代で薄毛になる考えられる理由

現代では20代で薄毛に悩む方は珍しくなく、4人に1人が薄毛に悩んでいるという調査結果も出ているそうです。
男性型脱毛症AGAは年配の方が発症しているイメージですが、早い方ですと思春期を過ぎた頃から発症します。

なぜこのように若い方の薄毛が増えているのかという理由としては様々な説が挙げられていますが、最も多い原因の1つとして、高脂肪・高カロリーの食生活の変化が薄毛に繋がっていると見られています。
食生活が段々と欧米化していることで、塩辛いものやジャンクフードなどが中心の食生活になってしまっている方が多くなってしまっていることが原因と考えられているのです。

ストレスなどが原因で発症する脱毛症もありますから、もちろん全ての原因がそうとはいえませんが、心当たりがある方は食生活の改善からしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る