薄毛対策が薄毛になる原因に

あなたにとって薄毛対策と思っていることでも、間違った対策だった場合には、逆に薄毛の原因になってしまっているかもしれません。

例えば毛が抜けてしまうからとシャンプーやブラッシングをしないでいると、頭皮にどんどん皮脂や埃が溜まっていってしまい、薄毛の原因になることがあります。
人は1日100本程度までなら抜けるのが普通と言われているので、ある程度は自然な現象として受け入れる必要があるのです。

「ならシャンプーをしっかりすればいいんだ!」と思ってシャンプーを1日に2回も3回もする、つまりシャンプーをやり過ぎてしまうと、今度はそれが薄毛の原因になってしまいます。
シャンプーをやる度に頭皮に刺激を与えることになるので、毛根が段々と弱っていってしまいますし、頭皮を守る為に必要な分の皮脂まで洗い流してしまうことになりますから、シャンプーは1日1回までにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る