薄毛を治す為の1つの手段として内服薬に頼ることもあると思いますが、日本の薄毛治療に使われる内服薬として有名なのはプロペシアです。
プロペシアにはAGAを引き起こしやすくする男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する成分が入っており、それによりAGAの改善を行います。

副作用については重篤なものは報告されていませんが、近年重大な副作用について製薬会社から肝機能障害が起こり得るとの発表もありました。
臨床実験では性欲減退や勃起機能不全などの副作用が見られましたが、0.7%程度の確率だそうです。

プロペシアは医師の処方箋により手に入れるのが一般的ですので、服用をする時は自身の体の些細な変化にも気付くようにし、少しでも異常があれば医師に相談するのが安全でしょう。

個人輸入でも購入は出来ますが、プロペシアは偽造品も多い薬ですので、最終的には自己責任となってしまいます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る