夏の薄毛に注意!

夏の頭皮は、顔に比べて3倍もの紫外線を浴びていると言われています。
特に男性の多くは女性よりも髪の毛が短いため、より強い紫外線のダメージを受けやすく、そのダメージが薄毛や細毛を促進させてしまうのです。

夏に抜け毛が増えるのは、髪の成分の一つである「ケラチン」が紫外線によって大きなダメージを受けてしまうからです。
特にプールや海で遊んだ後の濡れた髪の毛はより強いダメージを受けるため、より注意する必要があります。

毛根は真皮層、つまり皮膚の層の丁度真ん中辺りにあり、紫外線による強いダメージを受けてしまうと毛根に十分な栄養を送る事ができなくなってしまい、薄毛に繋がってしまうのです。

対策として、夏場に良く販売されている紫外線予防のヘアスプレーなどを取り入れてみましょう。
また毛根へしっかりと栄養を届ける為にヘッドマッサージを行なうだけでなく、髪の毛の根元辺りを引っ張るだけでも血流の巡りを良く出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る