HARG療法とは?

発毛を促す治療法の一つとして「HARG療法」というものが挙げられます。
本来人の身体には毛髪を作る幹細胞がありますが、薄毛の人の場合この幹細胞が眠ってしまっているため、毛が生えてこないそうです。
そこでこのHARG療法で幹細胞を目覚めさせることで、毛根自体の再生して毛髪を生えるようにします。

治療は注射で皮膚のすぐ下に幹細胞を起こす為の薬剤を注入し、浸透させて多くの幹細胞を起こさせる方法がとられます。
この治療法のメリットは、薬剤によって頭皮環境全体が改善されることで、幹細胞が無くなっていなければ99%の発毛率を実感できる点です。
一方でデメリットは幹細胞の数が減ってしまっているとその分反応する細胞が減ることになりますので、発毛効果が出にくくなってしまいます。
70歳前後あたりの方から反応が出にくいと言われていますので、効果が期待できるのはある程度年齢が決まってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る