髪の毛が生えるには体中の血流が大きく関係しているので、血流を悪くしてしまうタバコと薄毛は決して無関係とは言えません。

タバコを吸う事で末梢血管が証祝してしまい、頭頂部にその分の血液が行き渡らないので毛に本来必要な栄養を遮断してしまう事になります。
また煙草を吸う事は栄養の吸収に大切なビタミンCも破壊してしまう事になるため、更に髪の毛に栄養が行き渡らないだけでなく、体全体が栄養を上手く吸収出来なくなってしまう事での疲労や倦怠感、そしてストレスに繋がってしまいます。

これらの血行不良やストレスは薄毛にとっての天敵ですから、煙草を吸う事で薄毛の原因になりうると言われているのです。

ただタバコを止めたからすぐに薄毛が改善するというわけでもなく、徹底的に薄毛を阻止したいのならば普段の生活習慣を一つ一つ見直していく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る