AGA治療薬プロペシアについて

薄毛治療薬の定番プロペシアとは、世界で初めて医師が処方する男性型脱毛症(AGA)内服薬です。

プロペシアの臨床データでは、1年の服用で6割の方が発毛を実感し、4割の方が薄毛の進行がほぼストップ、全く効果がなかったという方は数%となっています。
3年間、5年間と服用の年数が増えるにつれて発毛割合は8割以上にまで上昇しますので、多くの方に効果が表れる薬として知られています。

ここまでだとメリットしか無いように思えますが、やはり薬ですので副作用や続ける為に必要な金銭面等でデメリットが出てきてしまいます。
治療薬で薄毛治療を行なっていきたいけど金銭的に抑えたい、副作用が怖いという方は、プロペシアと同量のフィナステリドが含まれていて副作用の割合も少ないフィンペシアという薬もありますので、医師に相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る